ピンボール アズールレーン

お礼の品をさがす

使い道をさがす

はじめての方へ

自治体からの寄付金の活用報告

竹取公園周辺地区まちづくり~花讃道プロジェクト~

奈良県広陵町

2023/11/15(水) 13:24

豊かな公園の維持や、町内外の多くの方々が気軽に足を運べるよう更なる環境整備を進めて参ります。
「花讃道プロジェクト」は、住民が安心できる健康で快適な生活空間と広域的な交流空間の実現を目指したまちづくり計画です。
1:奈良県のブランドいちご「古都華」などのいちご狩りができる観光農園、直売所
2:国指定特別史跡「巣山古墳」など、大和1500年の歴史浪漫を巡る周遊ルート
3:カフェやレストランなど、竹取公園の魅力を高める新しい賑わい施設
4:駐車場整備やバス停の追加などの利便性向上
5:「竹取物語」と讃岐神社にまつわる物語とのリンケージ
広陵町には馬見丘陵公園と竹取公園という県内有数の面積を誇る公園が広がり、町内外から多くの人が集う憩いのスポットになっています。
このプロジェクトを通じて、地元ではすでに人気を得ている地域の未来図を描き、それを形にし、魅力をしっかりと発信します。

新しく開校する中学校への支援!!

大分県津久見市

2023/11/15(水) 09:06

大分県津久見市は人口17,000人ほどの大分県では最も小さい市です。
津久見市では、子どもたちのより良い学習環境を整備するため、第一中学校と第二中学校が統合して、令和6年4月から新たな中学校が開校する予定です。新設中学校は、生徒が快適な学習環境の中で学校生活を送ることができる施設整備を目指しています。

曾爾高原を守りたい

奈良県曽爾村

2023/11/13(月) 21:02

近年の異常気象や獣害から曽爾高原を守りたい。
曽爾村では「曽爾高原を守る会」を中心に、毎年保全活動をしています

ウニ資源を増やそう!

北海道根室市

2023/11/12(日) 19:07

根室市は、皆様からの寄附金を財源とする「漁業資源増大対策強化基金」のほか13基金により適切な管理・運営を行っています。

沿岸資源増大のため「つくり育てる漁業」プロジェクトを展開し、ウニの生態調査・研究などを行っております。
根室の美味しい魚介類を何時でも安心して食べられるよう、そして、いつしか皆さんに還元できる日を期待しながら、根室の水産、根室の漁業者を支えていきます。
今後も、根室市の漁業振興を図り、様々な政策を行っていきたいと考えておりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

子どもの誕生と元気に成長することを願い、育児祝い金を贈呈しました!

岩手県普代村

2023/11/12(日) 18:10

岩手県で一番人口が少ない普代村では、年間の出生数が10人を下回っています。
皆さまからいただいた寄付金を活用して、次代を担う子どもの誕生を祝福し、子育て世帯等の育児にかかる経済的負担を軽減するため、祝金を贈呈しました。
今年度からは第1子、第2子、第3子以降すべての皆さまに30万円を支給しております。
贈呈した皆さまからは「応援をいただき本当にありがとうございます」「これからの子育ての励みになります」など喜びの声があがっています。
今後も安心して子育てができる村を目指し、取り組んでまいります。

\次世代を担う若い世代の教育や社会経験の充実を地域一体で!/

宮崎県小林市

2023/11/12(日) 10:11

これからの未来を担う若い世代は地域の希望です。
若い世代の教育の充実等、地域が笑顔になれるよう様々な取り組みを進めています。
皆さま方のご支援が大きな力になります。応援をよろしくお願いします!

安心して暮らせる福祉の向上のための事業に活用しています

北海道音更町

2023/11/12(日) 08:05

高齢者や障がいのある人などが安心して暮らせるぬくもりのある地域社会の創造のための施策に活用します。

■主な施策
「ふるさと介護福祉士育成支援事業」「高齢者福祉事業」「母子保健事業」「成人保健事業」「乳幼児等医療費」「スポーツヘルスケア推進事業」など

寄附金を活用し、旧吉田家住宅主屋の復旧事業を行っています。

岩手県陸前高田市

2023/11/12(日) 00:06

吉田家住宅は、江戸時代に仙台藩領気仙郡の24箇村を治めていた大肝入吉田家が、享和2年(1802)に気仙郡の御郡棟梁を務めた出入りの大工、今泉村の七五郎に建てさせた住宅です。後に「大庄屋」と呼ばれ現在まで市民に親しまれています。
主屋は、東側の表門側に座敷3室を設け、北側には広い土間部の御臺所があり、それらの間を広い居間部でつないだ大規模な茅葺の建物でした。
敷地内には土蔵、味噌蔵をはじめとする附属屋や庭園等があり、周辺のまち並みと合わせ今泉地区の歴史文化を現代に伝える貴重な財産として大切に保存されてきました。

旧吉田家住宅主屋の復旧事業は、全壊した建物を単に再現するということではなく、津波で被災した部材を用いて行われます。
このことは世界に例を見ず、部材の回収から使用箇所の特定、洗浄、補強、代替となる部材の製作などに膨大な時間と作業を必要とします

ウニ資源を増やそう!

北海道根室市

2023/11/11(土) 19:02

根室市は、皆様からの寄附金を財源とする「漁業資源増大対策強化基金」のほか13基金により適切な管理・運営を行っています。

沿岸資源増大のため「つくり育てる漁業」プロジェクトを展開し、ウニの生態調査・研究などを行っております。
根室の美味しい魚介類を何時でも安心して食べられるよう、そして、いつしか皆さんに還元できる日を期待しながら、根室の水産、根室の漁業者を支えていきます。
今後も、根室市の漁業振興を図り、様々な政策を行っていきたいと考えておりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

寄付金を活用して「防災マップ」を更新しました!

岩手県普代村

2023/11/11(土) 18:13

普代村ではいただきました寄付金を活用し「防災マップ」を新しく作成しました。
近年、台風で大きな被害が発生した本村。
その教訓も踏まえ、前回の防災マップに記載されていた津波・土砂災害の内容を更新し、新たに普代川の浸水想定を追加いたしました。
今後またいつ来るかわからない災害に備え、各ご家庭や地域での防災活動に役立ててまいります。

子どもたちの健全育成のための事業に活用しています

北海道音更町

2023/11/11(土) 18:10

次代を担う子どもが健やかに育つための施策に活用します。

■主な施策
「子どもの貧困対策事業」「子ども食堂運営支援事業」「奨学資金」「就学援助費」「GIGAスクール関連経費」「学校施設備品整備」「30人以下学級の実施」「学校給食費保護者負担軽減対策事業補助金」など

自主防災組織の活動支援に活用しました

高知県四万十市

2023/11/11(土) 18:00

現在、四万十市内には166の自主防災組織が組織されており、防災訓練の実施や資機材の点検など、災害から地域を守るための取り組みを日頃から進めています。
令和4年度はその活動を支援するため、ふるさと応援寄附金を活用して、資機材購入や訓練実施に係る経費の支援を行いました。
今後も地域全体の防災力向上の後押しを図り、「災害に負けない四万十市」を目指していきます。

未来を拓く人づくり!!

大分県津久見市

2023/11/11(土) 12:08

大分県の南東部に位置し、豊後水道に面した海沿いの都市「津久見市」。
大分県では一番小さな市となり、人口も年々減少しています。
その中でも人口減少に歯止めをかけ、子供たちの明るい声が聞こえる活力ある地域を目指すため、学校図書館の図書購入や、学習環境の整備、子ども医療費の助成などを行い、未来を切り拓く人づくりに役立てています。

竹取公園周辺地区まちづくり~花讃道プロジェクト~

奈良県広陵町

2023/11/11(土) 11:00

豊かな公園の維持や、町内外の多くの方々が気軽に足を運べるよう更なる環境整備を進めて参ります。
「花讃道プロジェクト」は、住民が安心できる健康で快適な生活空間と広域的な交流空間の実現を目指したまちづくり計画です。
1:奈良県のブランドいちご「古都華」などのいちご狩りができる観光農園、直売所
2:国指定特別史跡「巣山古墳」など、大和1500年の歴史浪漫を巡る周遊ルート
3:カフェやレストランなど、竹取公園の魅力を高める新しい賑わい施設
4:駐車場整備やバス停の追加などの利便性向上
5:「竹取物語」と讃岐神社にまつわる物語とのリンケージ
広陵町には馬見丘陵公園と竹取公園という県内有数の面積を誇る公園が広がり、町内外から多くの人が集う憩いのスポットになっています。
このプロジェクトを通じて、地元ではすでに人気を得ている地域の未来図を描き、それを形にし、魅力をしっかりと発信します。

\子育てに優しい街づくりを進めています/

宮崎県小林市

2023/11/11(土) 10:10

小林市では、ふるさと納税でいただいた寄附を活用し、学校給食費の補助を行っています。
8年ほど続くこの取り組み。給食費支援により家庭の負担軽減を図ることで、ご家庭では浮いた経費で子供たちに本やスポーツ用品をプレゼンし、子どもたちが更に学びや経験を深めるといった循環にもつながっています。
皆様方のふるさと納税によるご支援で未来を担う子供たちが生き生きと学びを深めています。

地域の未来を担う人材を育てるために、地元出身学生を対象とした返済不要の【給付型奨学金制度】を創設いたしました!

岩手県陸前高田市

2023/11/11(土) 00:06

2023年11月から新たな寄附金の使い道として【給付型奨学資金事業】を設定し、寄附お申し込みの際にご指定頂けるようになりました。学生向けの給付型奨学金制度の運用は、岩手県初の取り組みとなります!
「学生の皆さんの将来の選択肢を広げるための支援」を目的とし、経済的な理由で夢を諦めることがないように創設となりました。奨学金の財源は一般財源のほか、今回ふるさと納税で新たに設定した【給付型奨学資金事業】の寄附金が活用されます。
2024度以降の給付奨学生の募集人数は10人を基本としていますが、ふるさと納税の寄附額に応じて募集人数が増加となります。(最終的な募集人数は10人+「ふるさと納税の寄附額に応じて増加する分」となります。)
皆様からのご支援を受けて、将来、地元陸前高田はもちろん、日本さらには世界で活躍する方が増えていくよう事業を推進してまいりますので、応援をよろしくお願い申し上げます。

曾爾高原を守りたい

奈良県曽爾村

2023/11/10(金) 21:02

近年の異常気象や獣害から曽爾高原を守りたい。
曽爾村では「曽爾高原を守る会」を中心に、毎年保全活動をしています

令和6年 立佞武多の下絵が発表されました。題材は「閻魔(えんま)」です。

青森県五所川原市

2023/11/10(金) 16:59

つい先日令和6年度 新作大型立佞武多の下絵が発表されました。
今回の題材は「閻魔(えんま)」、製作者は5年ぶりの制作となる、ねぷた表現師「忠汰(ちゅうた)」さんです。

閻魔大王は地獄の王として有名ですが、「子供の守り神」地蔵菩薩(じぞうぼさつ)と同一神とされています。
厳しい世でも、これからの未来を担う子供たちへ、道を示さなければという思いを込めて制作するそうです。

場面は、浄玻璃の鏡に生前の行いを映し、裁きを下す閻魔大王の姿。
三つ目の閻魔は存在しないそうですが、閻魔の由来であるインド神話に登場する「ヤマ」を参考とし、額にも目を持つ姿としたとのこと。

また、閻魔の肌の色は、2代目立佞武多「鬼が来た」を意識して赤にしたそうです。

令和6年度は、立佞武多が25代目となる節目の年です。
これから立佞武多の館にて製作されますので、完成まで今しばらくお待ちください!

寄附金を活用し、婚活イベントやセミナー、婚活情報の発信等を行いました。

島根県出雲市

2023/11/10(金) 15:50

 結婚を希望しているが出会いの場が少ない独身男女を中心に婚活イベント等を開催し、カップルを成立することができています。カップル成立に至らなかった場合でも、ライフデザイン講座やセンスアップセミナー、結婚支援者・親向けセミナー等に参加することで、結婚への理解促進や意識の変化が生まれ、結婚に対して前向きな気持ちになれたという声もあります。引き続き、イベントやセミナー等を開催することで結婚への意識啓発を図っていきます。

寄附金を活用し、赤ちゃんのお世話教室、はじめての子育て講座、ブックスタート事業、にこっとティータイムを行いました

島根県出雲市

2023/11/10(金) 15:46

少子化・核家族化に伴い、子育てに不安を抱えている親、孤独な子育てをしている家庭は少なくありません。出雲市では子育て仲間をつくるきっかけ、子育てを楽しめるようなきっかけづくりを行いました。
ブックスタート事業では、4か月児健診受診者に絵本とパンフレットをプレゼントしています。
各教室の参加者からは、家族以外の大人と話すことができて気分転換になった、自分の子育てに少し自信が持てた、子どもに笑顔で接することが増えたように思う、などの声が聞かれました。

寄附金を活用し、経済的に不安定な世帯の中学生を対象とした学習機会の提供や、子ども食堂の支援事業を行いました。

島根県出雲市

2023/11/10(金) 15:41

 貧困の連鎖を防止し、子どもの将来の自立を後押しするため、住民税非課税世帯や生活保護世帯の学習意欲のある中学生に対して、民間の学習塾を活用し、学習する機会を提供することができました。令和4年度は、希望された中学生全てが支援対象となり、8月から2月までの7か月間に渡り、意欲的に学習に取組む様子が見られました。
 子どもの居場所を確保するため、子ども食堂を運営する団体に対して、開設及び運営費の補助を行いました。令和4年度は、開設にかかる費用は2団体、運営にかかる費用は7団体に対して支援することができました。子ども食堂は、地域内や世代間交流の場として、子どもたちにとって大切な場となっています。

高校生、事業所、市民団体、行政が協働で「きれいなまち いずも」を目指し、ごみのポイ捨て禁止を啓発しました。

島根県出雲市

2023/11/10(金) 15:35

ポイ捨て禁止ポスターコンクールを開催し、小中高校生から100作品の応募がありました。優秀作品はポスターへ加工し、市内店舗等へ掲示していただきました。
また、地元高校生と共に、海ごみの調査や市民への意識調査を行い、結果についていずも産業未来博で展示や発表を行いました。
また、市内の環境美化活動に顕著な功績があった2名と3団体を表彰しました。
こうした事業により市民へ広くポイ捨て禁止の啓発を行いました。
ポイ捨て禁止ポスター応募者からは「進んでごみ拾いをし、海や町をきれいにしていきたい」「出雲はごみのない町だと自まんできるようになったらいいな」「みんながポイ捨てをやめて、ごみのない地球になるといいな」といった意見が聞かれ、事業参加を通して子供たちの地域美化への関心が深まったと思っています。
環境美化は継続的な活動が大事です。今後も「きれいなまち いずも」のため、活動を続けて参ります。

ものづくりへの興味喚起と市内企業周知を目的に、市内企業を講師とした子ども向け鋳造体験教室を開催しました。

島根県出雲市

2023/11/10(金) 15:31

 出雲市では、中小企業の人材の確保、なかでも製造業の人材確保が以前からの課題となっています。将来の人材確保のため、ものづくりへの関心を高めることと企業を知ってもらうことを目的として、いずも産業未来博において、鋳造体験教室を行いました。
 当日は、企業の紹介を受けた後、自分の好きな型を選び金属加工したキーホルダーを作成することにより、出雲が誇る製品・技術の一端を体験しました。参加者した子どもたちが元気よく楽しむ姿が見られ、大いに盛り上がりました。いただいた寄附金によって、ものづくりへの興味喚起と市内のものづくり企業を知ってもらう機会の提供ができました。

寄付金を活用し、日御碕や鷺浦での体験プログラムの造成を行いました。

島根県出雲市

2023/11/10(金) 15:24

日御碕・鷺浦地区は、大山隠岐国立公園を構成する地域で、豊かで特色のある自然のほか、日御碕神社、日御碕灯台、北前船の寄港地で栄えた街並みなど歴史的・文化的側面からも見どころがある地域です。市では、この国立公園の魅力を高めることで誘客の促進を図るため、頂いた寄付金を活用して、日御碕・鷺浦地区の自然や歴史文化を満喫できる体験プログラムの造成等を行っています。
近年、体験プログラムなど日御碕・鷺浦地区を楽しめるコンテンツが充実してきており、お客様に喜んでいただいています。
日御碕・鷺浦地区を訪れる観光客の増加を図るために、引き続き、体験プログラムを始めとするコンテンツのブラッシュアップを行うことで訪れていただいた皆様の満足度の向上が図れるよう取組みを進めていきたいと考えています。

星や湧水。日本一にも認定された小林市の豊かな自然環境を未来に残す取り組みを進めます。

宮崎県小林市

2023/11/09(木) 12:18

国内スターウォッチングコンテストで日本一に輝いた小林市の星空や名水百選にも選ばれる清らかな湧水。
ふるさと納税でいただいた寄附を活用し、この豊かな自然環境を市民と一緒になり守る取り組みを進めています。

\奄美市内になる指定文化財に新しい案内板を設置しました/

鹿児島県奄美市

2023/11/08(水) 16:10

鹿児島県奄美市では「地域文化の保存・継承に関する事業」をはじめ、個性ある奄美市の宝を活かしたまちづくりを進めるために寄附金を活用いたします。
市内の指定文化財(国指定17件、県指定8件、市指定39件)について、市民並びに全国の人へ発信することを目的に、文化財案内板を整備しました。

中日ドラゴンズ公式戦においてゲームスポンサー(飛騨市デー)を実施しました

岐阜県飛騨市

2023/11/08(水) 15:42

市内の子どもたちに、一流の選手やプレーに触れ、刺激を受けてもらおうと、8/3にバンテリンドーム ナゴヤで開催された、中日ドラゴンズ対阪神タイガース戦においてゲームスポンサー(飛騨市デー)を実施しました。
飛騨市を代表して、神岡中学校の生徒が始球式に登場。素晴らしい投球を披露しドームからは歓声が上がりました。飛騨市内の子どもが始球式に立つのは初めてのことです。
また、中日ドラゴンズと阪神タイガースの両チームへ、市内の野球スポーツ少年団「古川クラブ」「神岡スカイキッズ」から小学生が1名ずつが飛騨市の特産品を贈呈しました。
間近で見るプロ野球選手のプレー、会場の熱気を堪能し、子どもたちは大いに刺激を受けていました。

//dragons.jp/sponsor/2023/230803.html

竹取公園周辺地区まちづくり~花讃道プロジェクト~

奈良県広陵町

2023/11/08(水) 15:30

豊かな公園の維持や、町内外の多くの方々が気軽に足を運べるよう更なる環境整備を進めて参ります。
「花讃道プロジェクト」は、住民が安心できる健康で快適な生活空間と広域的な交流空間の実現を目指したまちづくり計画です。
1:奈良県のブランドいちご「古都華」などのいちご狩りができる観光農園、直売所
2:国指定特別史跡「巣山古墳」など、大和1500年の歴史浪漫を巡る周遊ルート
3:カフェやレストランなど、竹取公園の魅力を高める新しい賑わい施設
4:駐車場整備やバス停の追加などの利便性向上
5:「竹取物語」と讃岐神社にまつわる物語とのリンケージ
広陵町には馬見丘陵公園と竹取公園という県内有数の面積を誇る公園が広がり、町内外から多くの人が集う憩いのスポットになっています。
このプロジェクトを通じて、地元ではすでに人気を得ている地域の未来図を描き、それを形にし、魅力をしっかりと発信します。

市内唯一の高校「津久見高校」を支援‼

大分県津久見市

2023/11/08(水) 08:06

大分県津久見市は人口17,000人ほどの大分県では最も小さい市です。
そのなかで、一市一校の大分県立津久見高校は、昭和14年からの伝統と歴史を持ち、普通科、工業科そして商業科をもつ学校です。
県南地区では普通科と専門学科を持つ高校の拠点校として、普通科では、少人数で個々に対応した指導をおこない、工業科・商業科は「専門性」を大切にし、地域と連携した取り組みをおこなってきました。部活動も盛んで、硬式野球部は、コロナ禍の影響で夏の全国大会が中止となった2020大分県高等学校硬式野球大会で優勝決め、軟式野球部も3年生最初で最後となる公式戦の2020大分県高等学校軟式野球大会で優勝を飾りました。弓道部の全国大会出場など、他の部活動でも練習を重ね、努力の成果を発揮しています。
一市一校である津久見高校をふるさと納税を利用して、土曜講座の開催支援や、就職支援、部活動への支援などを行っています。

ふるさと島根寄附金活用事業のご報告

島根県

2023/11/07(火) 16:01

島根県にご寄附をいただいた皆様のご厚情に深く感謝申し上げます。
これまでにいただいた寄附金は、活力ある島根を築くために活用させていただきました。
各年度の事業の成果につきましては、島根県のホームページ(以下URL)にとりまとめましたので、ご覧ください。
//www.pref.shimane.lg.jp/admin/seisaku/keikaku/furusato/houkoku.html

223件中1~30件表示

寄付金の使い道から選ぶ(ガバメントクラウドファンディング®)

自治体(ガバメント)が施策の実行者として寄付金の使い道を示し、ふるさと納税を活用して資金調達(クラウドファンディング)することを「ガバメントクラウドファンディング®」と言います。寄付金は地域の課題解決に使われます。

ガバメントクラウドファンディング®をもっと見る

災害支援